顔のシミ取りがしたい!シミの種類と取る方法まとめ

年齢を重ねるごとに気になってくる肌トラブルですが、特に「シミ」を気にされる方も多いでしょう。
シミはメイクで隠そうとすると厚塗りになってしまい、余計に老けたような印象になってしまう場合があります。

では、そんな顔のシミ取りを行うにはどうすれば良いのでしょうか?
今回はシミの種類からシミを作る要因、さらに顔のシミ取り方法やシミ予防についてご紹介していきます。
シミを何とかしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

顔のシミには様々な種類がある!

皆さんは「シミ」というとどういったものを思い浮かべるでしょうか?

大きくできたシミやポツポツと複数見られるシミ、薄いものからかなり濃いものまで、シミと言っても多種多様です。
そんなシミですが、種類によっても原因や対策方法などが異なってきてしまいます。
そこでまずは顔のシミ取りを行う前に、どんな種類があるのか把握しておくようにしましょう。

シミの種類

【老人性色素斑】

老人性色素斑はシミの中でも最も多く見られるタイプのシミです。
老人性色素斑の他にも、日光黒子や日光性黒子と呼ばれることがあります。

境界線がハッキリとしているシミで、形や大きさもバラバラ、主に頬や目元にできやすいシミです。
老人性色素斑はその名の通り年齢を重ねていくと表れやすくなっています。

原因としては紫外線が主であり、若い時から浴びていた紫外線の影響が年齢を重ねたことによって徐々に表面化されてきたということになります。

老人性色素斑

顔以外だと手や前腕などの露出しやすい部分や背中に見られることが多いです。
老人性色素斑は年齢を重ねることで出やすいシミですが、中には20~30代と若い頃でも顔に表れてしまう場合もあります。

【肝斑】

老人性色素斑は男女ともに見られるシミなのですが、肝斑は特に女性に多く見られるシミです。
肝斑の主な原因は女性ホルモンの乱れだと言われています。

更年期に差し掛かる30~40代の時期は女性ホルモンが乱れやすくなる時期でもあるので、肝斑が発症してしまう可能性が高いです。
高齢になると逆に表れにくくなりますが、紫外線で多少悪化する可能性もあるので注意が必要です。

肝斑は頬骨や額、鼻の下など、左右対称で全体的に表れるという特徴があります。

範囲が広く、メイクでも隠しづらいため早めに対策をしておきましょう。
なお、肝斑は妊娠や経口避妊薬(ピル)を飲んでいると誘発される可能性が高いと言われています。
これも恐らく女性ホルモンと関係しているためと考えられるでしょう。
肝斑の場合、顔のシミ取りでも利用されるシミ取りレーザーは効果が期待できないため、他の方法で改善させる必要があります。

【雀卵斑(そばかす)】

雀卵斑(そばかす)は、鼻から頬にかけて小さいシミがいくつも表れる症状を指します。
一見老人性色素斑のようにも見えますが、雀卵斑の特徴として、若ければ3~4歳頃から既に表れるというのが挙げられます。

これは、雀卵斑が遺伝によってできるものがほとんどであるためです。

思春期になるとより色も濃くなってきますが、成人以降は逆にどんどん色が薄まっていく傾向にあります。
ただし、中には後天性の雀卵斑もあり、紫外線の影響やターンオーバーの乱れ、生活習慣などが関与している可能性が高いです。

後天性の雀卵斑の場合は成人以降に色が薄まっていかないことも考えられるので、雀卵斑を改善するための対策が必要となります。

【炎症後色素沈着】

炎症後色素沈着は、火傷やニキビ、自分の肌に合わない化粧品を使うことによってできてしまうかぶれなどによって、肌に炎症が起きた後できてしまうシミを指します。
こちらは年齢関係なく肌に炎症が起きてしまうと色素沈着が残ってしまいます。

炎症後色素沈着を防ぐには、やはり肌が炎症しないようにすることが一番です。

ニキビ跡

例えば、ニキビを無理やり潰してしまうと力をかけた部分が赤くなり、場合によっては出血してしまうこともあります。
このような状態だと炎症を引き起こし、改善していくと共に色素沈着を引き起こしてしまうので、もしニキビができても無理に潰さないように、また自分で潰しても問題ないと言われている白ニキビや黒ニキビであっても清潔な状態で慎重に潰すようにしましょう。

【ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)】

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、遅発性太田母斑とも呼ばれているシミの一種です。
通常シミというのは表皮に表れるものなのですが、ADMの場合は真皮に表れます

20~30代以上で発生しやすい色素沈着であり、真皮層に発生しているため、改善が難しいと言われています。
遺伝的要因が大きいのですが、やはり紫外線対策は十分に行っておく必要があるようです。

紫外線によって真皮層に影響があると、ADMが悪化してしまう可能性も考えられます。

ADMは老人性色素斑などにかなり似ているため、ほとんど見分けがつきません。
しかし、表皮が約28日でターンオーバーされるのに対し、真皮層は5~6年でターンオーバーされると言われているため、化粧品やビタミン剤で即効的に治すのは難しいでしょう。

ターンオーバー

様々なシミの種類があることがお分かりいただけたかと思います。
それぞれ原因や対策方法は異なるため、まずは自分の顔に表れているシミがどの種類に当てはまるものなのか、チェックしてみましょう。

シミを作り出すのは紫外線だけではなかった!

シミの種類の中でも特に老人性色素斑は誰にでも起こりやすいシミの一種です。

ですから、老人性色素斑が表れないように予防していくことが重要と言えます。
シミを作る原因というと、「紫外線」をイメージされる方も多いことでしょう。

なぜ、紫外線でシミができてしまうのでしょうか?

紫外線

【紫外線がシミを作り出してしまう仕組み】

紫外線がシミを作り出してしまうのは、表皮の下にある「メラノサイト」が大きく関係しています

メラノサイトとは色素細胞と呼ばれているもので、強い紫外線を受けると肌を守るためにメラノサイトからメラニン色素が分泌されます。
メラニン色素が分泌され表皮細胞に移動すると、細胞核を守る働きをしてくれます。

メラニン

紫外線を受けた後は皮膚のターンオーバーによって徐々に角質層まで移動していき、最終的にはメラニン色素が生成された表皮細胞は剥がれ落ちてしまいます。
そうなると新しい肌に生まれ変わるため、シミになることもありません。

しかし、あまりに強い紫外線を浴びすぎてしまうと、メラノサイトは表皮細胞を守ろうとしてメラニン色素を過剰に生成してしまいます。
メラニン色素が過剰に生成され、さらには様々な要因からターンオーバーの周期が遅れてしまうと、本来剥がれ落ちて生まれ変わるはずの肌がそのままの状態になってしまい、シミという名の色素沈着を引き起こしてしまうのです。

また、長年紫外線を浴び続けていると、肌そのものにもダメージが残ってしまい、細胞の再生力が低下、ターンオーバーのサイクルが遅くなってしまいます。
こういったこともシミを生み出す原因だと言われているのです。

【シミを作り出す原因は紫外線だけではない!】

しかし、実はシミを作り出す原因というのは紫外線だけではありません

そもそもメラニン色素が分泌されたとしてもターンオーバーが正常に働いていれば問題ないのですが、サイクルが乱れてしまうことによって色素沈着が引き起こされてしまいます。
つまり、ターンオーバーが正常に働かなくなってしまう原因は紫外線の他にも、様々な要因が関係しているのです。

例えば、先程も紹介したように細胞の再生力が低下してしまうとターンオーバーも正常に働かなくなるのですが、これは加齢も関係していると言われています。

加齢

加齢によって肌細胞の機能が衰えてしまい、同時に再生力も低下してしまっているのです。
この他にもホルモンバランスが乱れてしまったり、ストレスなども起因して肌のターンオーバーが乱れてしまうので注意しなくてはなりません。

また、ターンオーバーではなく紫外線以外が原因になってメラニン色素が過剰に分泌されてしまうことがあります。

例えば、洗顔した後にタオルで顔をゴシゴシしてしまう方も多いかと思いますが、ゴシゴシと肌を強く摩擦してしまうことによって肌への刺激となり、メラノサイトが反応してメラニン色素を分泌します。
洗顔時のゴシゴシやスキンケアで肌を擦るようにすることも肌にとっては刺激になってしまうことがあるので気を付けましょう。

肌の糖化によってシミを作り出してしまうこともあります。

糖化というのは、体内でエネルギーで使用されなかった余っている糖分とタンパク質が結びつき、糖化生成物(AGEs)を生成することにより肌にダメージを与えてしまうことを言います。

糖化が起きてしまうと弾力性のあるコラーゲンが硬くなってしまうことで肌にハリがなくなってしまうためシワを作り出したり、表皮細胞を糖化することでメラニン色素を増やしてしまうサイトカインが増加すると言われています。

糖化はシミだけではなくシワを生み出す要因にもなるため注意が必要です。

他にも過度な飲酒や喫煙もシミを引き起こしてしまうと言われています。
なぜ、過度な飲酒や喫煙がシミに関係してくるのでしょう?

過度な飲酒の場合、アルコールを分解するために肝臓がフル稼働します。
肝臓がフル稼働していると活性酸素が体内に増加してしまうのです。

活性酸素は免疫のために必要な物質ですが、体内にありすぎると細胞を傷つけてしまいます。

肌細胞も同じように傷つけられてしまい、気付いたら色素沈着となって表れてしまうのです。

喫煙
喫煙に関しても大量に活性酸素を発生させてしまい、さらに活性酸素を取り除いてくれる抗酸化作用を持ったビタミンCを大量に消費してしまいます。
そのため活性酸素がたくさん体内にある状態を作り出してしまい、シミを作ってしまうのです。

このように、紫外線以外にも様々な要因からシミは生まれてしまいます。

顔のシミ取り、どんな方法がある?

顔にできてしまったシミを取りたいと思った時、シミ取りに効果的な化粧品に頼ろうとする方がほとんどですが、実際化粧品だけで取るのは困難でしょう。
綺麗にシミ取りをする方法として、3つの方法があります

【フォトフェイシャル】

フォトフェイシャルとは光を肌に当てることでシミ取りを行う治療で、医療機器を使うので病院で受けることができます。
この治療で用いられる光は「IPL(Intense Pulse Light」と呼ばれる特殊な光で、シミを取るぐらいなので強力な光と思われがちですが、カメラのフラッシュ程度なので優しく、肌にほとんどダメージを与えません。

フォトフェイシャルの仕組み

顔全体にIPLを照射すると、光はシミや肌トラブルを引き起こしている原因のメラニンや毛細血管などをターゲットに当たります。
すると光エネルギーは熱に変化し、ターゲットにダメージを与える仕組みです。

ダメージを与えることでメラニンが破壊されると沈着したメラニン色素が浮かび上がり、その後、肌のターンオーバーにより剥がれ落ちます。
肌のターンオーバーを繰り返すたびにシミはどんどん薄くなり、最終的にはほとんどない状態まで取ることができるのです。

フォトフェイシャルで取ることができるシミの種類

フォトフェイシャルでは紫外線や加齢によって発生する老人性色素斑に効果的です。
また、他にも雀卵斑、くすみ、シミ予備軍まで取り除くことができます。

フォトフェイシャルのシミ取り以外のメリット

フォトフェイシャルではシミ取り以外に嬉しいメリットがあります。
IPLの光には繊維芽細胞の働きを活性化させる作用があり、これによりコラーゲンなど美肌を支える成分の生成が活発になります。

肌の内側から機能が活性化されるので、肌のハリ・ツヤ・弾力のアップにつながり、美しい肌を取り戻す効果にも期待できるのです。
また、IPLは幅広い波長域を含んでいるのでシミだけではなく、肌の赤らみ、小じわ、毛穴開きなどの症状も同時に改善することができます。

美肌

部分的ではなく顔全体に照射する形となるので、顔全体の肌トラブルの改善ができるところも嬉しいメリットでしょう。

施術時間とダウンタウンが短い

施術時間はだいたい10分から30分と短く、施術後はテープやガーゼで肌を保護する必要はありません。
痛みやダウンタウンはほとんどないので、終わったらすぐにメイクをして帰宅することが可能です。

【レーザー治療】

レーザーというと脱毛をイメージするかもしれませんが、シミ取りでも使用されています。
フォトフェイシャルの光よりも強力なレーザーを使用するので、濃いシミも綺麗に取ることが可能です。
こちらも医療機器を使うため、病院で治療を受けられます。

レーザー治療の仕組み

レーザーは一般的に黒い色素に反応して熱を出す特性があり、その熱でメラニンを破壊することで薄くしていく仕組みです。
強力な故に即効性があるので、短期間でシミ取りを完了させることができます。

レーザーの波長には様々なものがありますが、従来の治療では皮膚深部の田母斑やアザの治療と同様の波長幅のレーザーをシミ取りでも使ってきました。

シミ取りはほとんど皮膚表面のシミに対して行われるため、深部まで届くレーザーだと患部が数ヶ月から半年ほど赤みやかさぶた、一過性の色素沈着が残ってしまう可能性があったのです。
現在は幅広い波長幅に対応したレーザー機器が登場しており、皮膚表面のシミを安全に取れるようになっています。

レーザー治療

レーザー治療のメリット

レーザーでシミ取りをする大きなメリットはなんといっても即効性でしょう。
状況によって異なりますが、1箇所の施術時間は短く、だいたい1回から3回の照射で効果を実感できます。

フォトフェイシャルとは違い患部にピンポイント照射なので、他の皮膚にダメージを与える心配はありません。
また、協力なので根本から壊すことができ、真皮の濃いシミ取りにも効果的です。

レーザー治療の種類

レーザー治療の種類は様々あり、シミの種類によって使い分けられることもあります。
代表的なレーザーをご紹介しましょう。

①Qスイッチルビーレーザー
694NMとバランスの良い波長を持つレーザーで、周囲の皮膚にダメージを与えることなくシミ取りができます。
そばかす、ホクロ、アザ、イボ、アートメイクの除去にも使われており、シミも様々な種類に対応しています。

②YAGレーザー
皮膚科や形成外科でよく使われるレーザーで、今までレーザーでは治療NGだった肝斑の改善にも効果的です。
シミ、雀卵斑、アザ、平らなホクロ、異所性蒙古斑の治療ができます。

③フラクセルレーザー
このレーザーは皮膚の修復や改善を行うものではなく、新しい皮膚に入れ替えてシミ取りをするレーザーになります。
皮膚の活性化を目的にしており、くすみ、色素沈着、小じわ、たるみ、ニキビ、火傷など皮膚の傷跡の改善に効果的です。

④炭酸ガスレーザー
炭酸ガスを使用したレーザーで、水分の多い組織に熱を与え、蒸発さえたり炭化させたりして治療します。
盛り上がっているシミやホクロ、イボ、化膿したニキビなどの改善に効果があります。

注意点について

レーザー治療の場合、施術後に顔の赤らみやかさぶたなどダウンタイムがあります。
肌を保護するために顔にはテープやガーゼを貼る必要があり、完治するまでアフターケアに徹底する必要があるのです。

レーザーの強い刺激により肌に保護機能が低下しているため、紫外線はしっかり予防し、医師の指示に従って軟膏などでケアしてください。
また、シミ取りをしてもケアを怠れば再びできてしまうので注意しましょう。

【外用薬】

顔のシミ取りとして化粧品ではなく、病院で処方される外用薬を使用する方法もあります。
シミ取りに効果的なものとして、「ハイドロキノン」や「レチノイン酸」などが代表的です。

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれており、優れた漂白効果があり外用薬です。
海外では古くから雀卵斑の改善に用いられており、日本では1980年代から皮膚科で処方されるようになり、2001年の薬事法改正で化粧品に配合できるようなり、ハイドロキノン入りの化粧品が登場しています。

このハイドロキノンはイチゴ、ブルーベリー、コーヒー、紅茶などにも含まれており、自然界に存在する成分です。
ハイドロキノンはメラニンを減らすだけではなく、メラニンを作るチロシナーゼの働きを抑制する効果により、高い美白効果を発揮します。
つまり、できた顔のシミを消しながら、シミを未然に防ぐ効果に期待できるわけです。

ハイドロキノン

ハイドロキノンの注意点

効果が高い分、肌への刺激が大きくなってしまうでしょう。
特に濃度が高いものは刺激が強い傾向にあるので、肌が弱い人は注意してください。

また、長期的に使用すると白班を引き起こすこともあります

レチノイン酸について

レチノイン酸とはビタミンAの一種で、角質のピーリング作用や肌のターンオーバーを促進させるなどの効果があります。
ターンオーバーが高まることでシミを薄くしていき、皮膚の修復力を高めてくれるわけです。

レチノイン酸の注意点

ビタミンAなので安全性が高い外用薬ですが、副作用が生じることもあります。
主に炎症や炎症性の色素沈着、肌が敏感になり日焼けしやすい、長期的な使用は効果が落ちるなどの副作用がみられることがあるでしょう。

レチノイン酸には小ジワの改善効果もありますが、顔全体に塗ることは避け、また治療内容によって適量が異なるので、量を守って塗布することが大切です。
また、肌に刺激や紫外線を与えないようにしましょう。

病院とエステサロン、どちらを利用するべき?

シミ取りは、病院やエステサロンを利用することで施術を受けることができます。
しかし、どこに行くのが良いのかわからない方も多いことでしょう。
そこで、それぞれの違いを、メリット・デメリットなども理解していきましょう。

【病院のメリット・デメリット】

病院で行うのは、シミを消すための「治療」です。
濃いシミであったり、エステサロンでシミへのアプローチをかけても効果が感じられないとう場合、病院での治療で改善する可能性が高いです。

病院

美肌ケアを目的としているわけではないため、シミを消すだけでなく、美肌ケアを踏まえたトータルケアはすることができません

また、病院でのシミ治療は自由診療扱いとされていますが、厚生労働省が認可したレーザー治療を受ける際や、シミとしてではなくアザに分類される診断であった際には、保険が適用されることもあります。

レーザー治療は医師の診察のもとで施術されることになるため、シミの治療だけでなく、ニキビやアレルギーなどの肌のトラブルについてもしっかりと対応してくれるのもメリットと言えるでしょう。
また、シミへのアプローチとして、レーザー治療は非常に効果が高いと言われています。

肌の状態を理解した上で安全に行ってくれるため、安心して施術を受けることができるでしょう。
どのような目的で治療を受けるのかによっても内容は変わるため、シミ治療と言ってもどのようにケアしていきたいのか具体的に考えておく必要があります。

【エステサロンのメリット・デメリット】

エステサロンと言うと、痩身や脱毛などを専門に行う場所と思われがちです。
しかし、エステサロンでも顔や身体のシミ取りを行うことができます

医療行為であるレーザー治療よりも弱い光を当て施術していくため、何度か通う必要があります。
そのため、ダウンタイムと呼ばれる肌を休ませる時間も短いのはメリットと言えます。

エステサロン

その反面、エステサロンでシミ取りの施術を受けても、効果の感じ方はその方によって違ってきます。
濃いシミの場合は、なかなか消すことができない可能性もあるでしょう。

また、医療機関ではないため保険適用とならず、料金設定が高いところもあります。
使用するマシンも出力の弱いマシンなので、低めの料金設定であれば、効果も低くなる可能性が高いのがデメリットです。

【選ぶポイント】

病院やエステサロンの違いを踏まえて、どちらを選べば良いのか、ポイントを整理しましょう。
まずポイントとなるのが、シミの種類の合った治療を受けられるかどうかです。

シミの種類に適した治療をきちんと受けることができれば、状態が徐々に改善していきますが、逆に間違った治療を続けていくと、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

シミ取り治療

また、エステサロンでかかる料金は自由診療扱いになり、使用しているマシンや薬品の種類などによっても、料金設定はサロンによって大きく違ってくるのも特徴です。
病院は保険適用になるケースもありますし、施術経験や実績、シミ取りにおける専門医の方も多くいます。

信頼できる医師であれば、安心してシミ取りの施術を受けることができます。

こうして考えても、料金、効果、信頼度などの面で病院はエステサロンよりもシミ取りに適していると言えるでしょう。
ただ、口コミや評判をチェックして、いくつかの病院を比較しておくことも重要なポイントと言えます。

自分でできるシミ予防も実践しよう!

シミの治療を受けたとしても、その方によってはシミが再発するケースもあります。
特に、顔の頬はシミができやすい要因が多いと言われているため、普段の食生活や生活習慣が改善されなければ、シミが再発してしまうでしょう。

また、シミは紫外線も大きな要因の一つです。

紫外線

日頃から紫外線ケアをしたり、摩擦を避けたケアをするなど、シミ再発防止に努めることも大切なことです。
自分で顔や身体のシミをケアしていくことは難しいですが、シミの予防であれば十分にすることができます

特に、若いうちから対策しておくことで、シミができにくい状態に維持することもできるでしょう。
顔のシミ予防としては、紫外線対策・保湿・美白を重視して行うことが大切です。

【紫外線】

まず、紫外線はシミの大敵ですから対策はしっかり行う必要があります。
春から夏にかけてのシーズンは、天気に関係なく紫外線は特に強くなります。

しかし、だからと言って秋や冬には紫外線ケアをしなくて良いわけではありません
紫外線は、1年を通して降り注ぐため、日焼け止めはもちろんのこと、UVカット効果のあるメイクや、その上から使用できるスプレータイプの日焼け止めなどを取り入れるようにしましょう。

紫外線対策

面倒に感じたり、日焼け止めを塗ることを忘れてしまう場合もありますが、ちょっとした気の緩みで頑固なシミができてしまうこともあります。
シミのない綺麗な肌にするためには、年間を通して紫外線対策を行うことが大切なのです。

【保湿】

徹底した保湿は、肌の乾燥やシミ予防にも効果があります。
肌が乾燥すると、紫外線や摩擦のダメージを受けやすくなるため、ターンオーバーのサイクルも乱れてしまう可能性が高くなります。

ターンオーバーが乱れると、シミの原因となるメラニン色素が十分に排出されなくなり、シミが発生しやすくなってしまうのです。

乾燥によるシミを防ぐためにも、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドといった保湿成分が配合された保湿アイテムを使用するようにしましょう。
保湿ケアは、毎日しっかり行うことが大切です。

【美白】

アルブチン・プラセンタエキス・トラネキサム酸・ビタミンC誘導体などの美白成分が配合された化粧品を毎日のケアに取り入れることで、シミ予防することもできます。
これらの美白成分は、メラニン生成を抑制する働きがあるため、普段からシミ予防として取り入れることで効果を発揮します。

保湿有効成分と、これらの美白成分が含まれた化粧品を使えば、保湿と美白の両方のアプローチができ、より高い効果を得ることができるでしょう。

【肌に合ったアイテム選びも重要】

顔にできてしまったシミは、自分で消すことはできません。
しかし、シミは食生活や生活習慣のほか、肌の炎症がシミを引き起こす原因になることもあります。

化粧品やメイクなど、肌に触れるものは自分の肌に合った刺激の少ないものを選ぶことが大切です。
シミの原因にもなる肌の炎症を起こさないためにも、健やかな肌を保つことが必要不可欠なのです。

スキンケア

また、肌のターンオーバーをスムーズにするためにも、角質ケアも習慣的に行いましょう。

どんなに肌に合った化粧品やメイクをしていても、角質ケアが十分にできていないと紫外線や乾燥などで肌が受けたダメージを排出しにくくなります。
古い角質が蓄積してしまうと、毛穴が広がってしまったり肌の状態も悪くなっていきます。

自分のあったアイテムを使うのはもちろん、日頃からしっかりとしたケアを行うことが大前提なのです。

今回は、顔のシミの種類やシミの原因、自分に合ったシミ取りを行う方法などを詳しく紹介してきました。
シミは、毎日のケアで予防することもできますが、濃くなってしまった顔のシミは自分で消すことができません。
適切にシミ取りをするには、正しい知識を持って施術を受けることが大切です。
そのためには、病院選びをしっかりと行い、安心して施術できる環境で治療することが大切です。