シミは家で消せる?自宅でしたい正しいセルフケア

シミは家で消せる?

加齢と共に気になってくることと言えば、肌のシミではないでしょうか?
1つあるだけでも目立ってしまい、メイクで隠すことも多いでしょう。
どうにかしてシミをなくしたいと思っても、効果的な方法が分からず対処できないこともあります。

ハイドロキノン

最終的にシミを放置してしまった結果、より多くのシミができてしまい、改善が困難になるケースもあるのです。
そこで今回は、シミができる原因やシミができた時に家でできる対処法などを解説していきます。

シミができる原因とは?

 

シミ

シミができてしまう原因としては、「紫外線」と答える人が多いのではないでしょうか?
実際、肌が紫外線を浴びることで酵素が活発になり、その結果メラニン色素が過剰に生成され、シミとなってしまいます。
しかし、紫外線以外にも様々な要因によってシミは生成されてしまうのです。

女性ホルモンの変化

女性ホルモンが変化することによってもシミができやすくなってしまいます。
女性の場合は妊娠するとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されます。

シミ
分泌される際にはシミの原因と言われるメラニン色素を生成するホルモンが刺激されるため、シミができやすくなってしまうのです。
その他にも、生理不順や閉経の時期には女性ホルモンのバランスが崩れやすいのでシミが増えてしまう可能性があります。

活性酸素

細菌を退治する役目を持つ活性酸素は体内になくてはならない存在ですが、体内で必要以上に増えてしまうと健康な細胞を酸化させてしまうため、体に様々な影響を与えてしまいます。
活性酸素が表皮にあるメラノサイトを刺激してしまうことで、黒色メラニンの生成を促してしまいシミができるのです。
降り注ぐ紫外線他にも、活性酸素が増えることでシワや白髪、物忘れや動脈硬化などが起きると言われているので活性酸素を抑えることが大切となるでしょう。
活性酸素を発生させる原因としては、加齢や紫外線、ストレスやタバコなどの様々な要因があるので注意が必要です。

間違ったスキンケア

しわを増やすスキンケア

間違ったスキンケアをしてしまうことでシミを悪化させることにつながります。
早く治したいという思いから、化粧水や乳液を肌に擦り付けてしまうことはありませんか?

シミは摩擦を加えると弱い炎症を起こしてしまい、メラニンの生成が促されてしまうのです。
気になるからと触ってしまうことでも摩擦は起こるので、シミができたら極力触れないよう気を付けましょう。

虫刺され

虫刺され

虫に刺されて痒くなると無意識に掻き毟ってしまうことがあります。
すると、虫刺され部分が赤く腫れてきますが、それは炎症を起こしているサインとなります。
メラニンの生成にもつながるので、虫刺されや傷ができた際も触れないようにすることが大切です。

シミには種類がある!代表的なシミをご紹介

様々な原因によってシミができてしまうのですが、シミには種類があることはご存知でしょうか?
代表的なシミをご紹介していきましょう。

老人性色素班

一般的にシミと言われているものが老人性色素斑です。
加齢によって発生し、薄茶色や濃い茶色をした円形に近い形のシミで、輪郭がはっきりとしています。
主に紫外線によって発生するシミです。

肝斑

頬骨付近に発生するシミで、左右対称に表れます。
輪郭がはっきりとせず、影のような状態で表れる場合もあります。
稀に口や額にできることもあり、完全な左右対称にならないこともあるので、判断が難しいこともあります。

雀卵斑

一般的にはそばかすと呼ばれているシミです。
小さいシミが斑点のように鼻や頬周辺に発生します。
遺伝的な要素が高く、大人になると消失する可能性もあります。

花弁状色素斑

日焼けをすると赤くなるタイプの人に多く見られるシミです。
強い日焼けをした後に肩や背中にできることが多く、花弁のような形状をしています。
顔にできると目立ってしまうでしょう。

炎症性色素沈着

メラニンが沈着することでできるシミです。
虫刺されや傷、ニキビ跡によって増えていきます。

シミは家で消せる?効果的な方法とは

「シミは家で消せる?」と疑問に思っている女性も多いかと思いますが、以下の方法を試すことでシミが消える可能性があります。

正しいスキンケア

シミ対策としては正しいスキンケアを行うことが基本です。

①洗顔

クレンジング

洗顔はたっぷりの泡で洗うことが重要です。
洗顔用のネットを使用してふんわりとした泡を作り、擦らずに優しく汚れを落としていきましょう。

②保湿

スキンケア

乾燥はシミの発生を促してしまうので、保湿をすることが大切です。
粧水・美容液・乳液の順にケアをしていき、ターンオーバーを正常化できるよう丁寧にケアをしていきます。

③ピーリング

肌荒れが気になる際にはピーリングも効果的です。
ピーリングで古い角質を落とすことでメラニンの排出を促すことができます。

毎日行うと肌トラブルを招く恐れがあるので、1~2週間に1度のペースで行いましょう。

L-システイン

シミ対策に効果的な成分として「L-システイン」があります。
アミノ酸の一種で代謝を活性化される効果や酵素を作る材料にもなります。
医薬品やサプリメントなどで摂取できるので試してみましょう。

セルフケアでは消せないシミはクリニックで治療しよう!

自宅でもシミ対策ができるので安心した女性も多いですが、セルフケアでは消せないシミもあるのです。
老人性色素斑や炎症性色素沈着、肝斑については、家でも対策をとることでシミをなくすことができます。
しかし、雀卵斑や花弁状色素斑、シミが盛り上がっている脂漏性角化症は、セルフケアでの改善は難しいと言われています。
naika
そのため、自宅で消えないシミは美容クリニックでの治療が効果的です。
シミの濃さや大きさなどの状態に合わせて適切な治療を施してくれるので、美しい肌へと導いてくれます。
シミだけではなく、シワやくすみなどの様々なトラブルにも対処できるので、肌荒れで悩んでいる女性はクリニックで相談することから始めてみてはいかがでしょうか?

シミを発生させないために…予防が大切

シミを対処する方法だけではなく、シミを発生させないための方法を知ることも大切です。
厄介なシミを増やさないためにも、以下の方法を試してみてください。

日焼け止めは必須

日焼け止め

太陽が出ていなくても紫外線は発生します。
顔全体になじませるように手のひらを使って伸ばしていきましょう。
塗りムラがあるとシミができてしまう原因となるので、丁寧に行うことが大切です。

首や耳の後ろも忘れずに塗り、頬や鼻などの高い部分には重ね塗りするとさらに効果的でしょう。
また、効果を持続させるためにもこまめに塗り直すことを忘れないようにしてください。

デットクスの重要性

デトックス

添加物や脂質を摂ることで体の中には毒素が溜まっていきます。
毒素が増え続けることで腸内環境が悪化し、代謝機能が落ちることで肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。
毒素を排出する方法としては、シャワーだけではなく湯船に浸かることが大切です。

発汗し、毒素を出すことができます。
また、流行しているデトックスウォーターもおすすめです。

デトックスウォーター
ミネラルウォーターにカットした様々なフルーツや野菜を漬けて飲むだけです。
漬ける食材によって効果が違うので、シミ予防に効果的なものを選んでみましょう。

シミは家で消せる?と長年悩んでいたのであれば、自分のシミの種類を把握し、それに見合った対策をとることが肝心です。
しかし、シミの種類は自分では判断しにくい場合もあります。
適切な対処をするためにも、美容クリニックに通うことで正しいスキンケア方法の説明もできるため、シミをなくしたいと思っているのであれば、一度クリニックに相談してください。
一人ひとりに合った適切な対処を行っていきます。

 

関連記事

  1. 40代 シミを消したい

    40代 シミを消したい!コンシーラーやファンデで隠すだけじゃ…

  2. シミ取り レーザー 費用はどれくらい

    シミ取り レーザーの料金・費用はどれくらい?

  3. おすすめ

    シミ取りにおすすめの方法は?原因と対策は?

  4. シミ取りは何が一番効果的なの?おすすめシミ取り対策を比較!

  5. シミ取り コスメ

    シミ取りはコスメではできない?確実なシミ取りのおすすめ方法と…

  6. シミが痒い!顔のシミがかゆいその原因とは?

  7. こんなにきれいに?!QスイッチYAGレーザーでシミ取り体験!…

  8. シミ取り レーザー 効果

    シミ取りレーザー治療~かさぶたの経過状態

  9. シミ取りレーザー

    シミ取りレーザーの種類と効果~習慣づけたいシミ対策まとめ