シミ取りは何が一番効果的なの?おすすめシミ取り対策を比較!

年齢を重ねると気になってくるシミに関して、悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか?
シミは対策をしていても出来てしまうことがありますが、シミができてしまってもシミを消す方法はあるので、過剰に心配する必要はありません。
今回は、多くの女性が悩むシミを取る方法についてご紹介していきましょう。

シミ消しに有効な化粧品を活用する

最近は、シミ消しに役立つ化粧品も多数販売されています。

シミは、メラニンを還元する成分が配合された化粧品を選ぶ必要があるため、ビタミンC誘導体やハイドロキノンが配合されたものを選ぶと良いでしょう。

ビタミンC誘導体は、メラニンを還元するだけではなく、メラニンの生成自体を抑える効果があるので、シミ対策には非常に効果的だと言えるのです。

ハイドロキノンは、メラニンが生成される時に使われるチロシナーゼという酵素の活性を抑えることで、メラニンの生成を抑えるという効果を持っています。

この2つの成分だけではなく、肌の乾燥をしっかりと改善してくれる化粧品であるということもシミ消しには必要なポイントになります。

シミ

肌が乾燥してしまうと、紫外線に対する抵抗力が落ちてしまうため、シミができやすくなってしまうからです。
つまり、ビタミンC誘導体やハイドロキノンといったシミ対策に有効な成分が配合されているというだけではなく、肌の保湿をしっかりとして健康的な状態を保てるような化粧品を選ぶことが理想的だと言えるでしょう。

メラニン色素を分解してくれるシミ取りクリームを活用する

スキンケア

シミ消しに有効な方法として、シミ取りクリームの活用があります。

シミ取りクリームには、シミを予防するためにメラニン色素の生成を抑えるものとメラニン色素自体を分解するものがあるので、既にできてしまったシミ対策をするのであればメラニン色素を分解してくれるシミ取りクリームを活用する必要があるでしょう。

メラニン色素を分解してくれるシミ取りクリームには、ハイドロキノンが配合されています。

ハイドロキノンは、シミやくすみに対して確実にアプローチしてくれるので、ハイドロキノンが配合されたシミ取りクリームはシミ消しに有効だと言えるのです。

ただし、肌が清潔な状態で使用しないと効果を実感しにくい可能性があるので、洗顔をしっかりとした状態で使用するようにすることをおすすめします。

馬油でシミにアプローチ

馬油には、α-リノレン酸という成分が含まれているため、肌の酸化や老化を防止してくれる抗酸化作用が期待できます。
そのため、他の化粧水と混ぜて肌に塗布することで、シミを抑えられるのです。

また馬油には、保湿効果や血行を良くしてくれる効果もあるため、肌の健康を保ちやすくなるでしょう。

血行が良くなるということは、肌の冷えを改善でき、ターンオーバーを活性化させることにもつながります。

つまり、肌のくすみを改善し、透明感のある肌へと導いてくれるのです。

馬油は民間療法の1つなので、その効果は個人差があります。
シミにアプローチしてくれる可能性は大いにありますが、馬油だけの効果を過信しすぎでしまうのは良くないでしょう。
馬油の場合は、化粧水などと併用するのが理想的です。

サプリを服用して体の内側からアプローチする

シミ消し効果が期待できる化粧品やシミ取りクリームを活用することもシミ消しには役立ちますが、サプリで体の内側からアプローチするという方法も効果的です。

サプリの中にはシミやそばかすに有効だと謳っているものもあるので、そのようなサプリを選ぶと良いでしょう。

シミやそばかすに有効なサプリには、L-システインやビタミンC、βカロテン、エラグ酸、ビタミンEなどが配合されています。

シミは徐々に目に見えるようになっていきますが、目に見えなくてもでき始めている可能性があります。
そのため、目に見えないうちからしっかりと対策をしておくことが必要になるのです。

ただしサプリを選ぶ時は、安全性の高い天然成分を配合したものや続けられる価格帯のものを選ぶようにしましょう。
また、国が効果を認可している医薬品に指定されたサプリの方が、効果を実感しやすいのでおすすめです。

内服薬でシミを消す

美容クリニックなどでシミ消しの相談をすると、レーザー治療と内服薬でのシミ消しを勧められます。
そのため、内服薬の中にもシミ消しに有効なものがあるということです。

クリニックでは、シミの種類に合わせた治療が行われるため、的確にシミを消せるでしょう。

クリニックで処方される内服薬は、レーザー治療を行う2~3ヶ月前くらいから服用するというケースが多くなっています。
内服薬で肌の状態を整えてから、シミ取りのレーザー治療を行うからです。

また、レーザー治療後もしばらく内服薬が処方されるので、しばらく飲まなければいけません。

レーザー治療

内服薬だけでは大きな変化を感じにくいかもしれませんが、内服を止めるとその効果に気がつくという人が多くいます。

そんな内服薬には、シミを作り出すメラノサイトの活性を抑えるトランサミンや色素沈着によるシミを防ぐビタミンC誘導体、ビタミンCと一緒に摂取することでシミ消し効果が期待できるビタミンE、メラニンを還元する力があるL-システインといった有効成分が配合されています。

内服薬は、サプリと同じように効果をすぐに実感できるものではありませんが、体の内側からシミにアプローチすることによって、シミを元から消せます。
そのため、レーザー治療と併用して内服薬が処方されることが多いと言えるのです。

レーザー治療によるシミ取りは最も効果を実感できる

シミ取り レーザー 種類

シミ取りには様々な方法がありますが、最も効果を実感できるのはクリニックで受けられるレーザー治療です。

レーザーによるシミ取りは、シミの元であるメラニンを破壊し消していくという方法になります。
シミの原因となるメラニン色素を破壊することで、シミ自体を消せるのです。

シミ取りで用いられるレーザーは、黒や茶色の色素に反応するため、シミがない部分には大きな影響を与える可能性はほとんどありません。
照り返しなども多少はありますが、治療後にきっちりとケアをすれば照り返しによる影響は最小限に抑えられるので、気になることはないでしょう。

また最近は、肌の負担をより小さくできるQスイッチレーザーを活用したレーザー治療が注目を集めています。

Qスイッチレーザーは、シミにはもちろん有効ですが、刺青も消せるという医療用レーザーになります。

これまでのレーザー治療では、肌に対する負担の大きさを懸念する声も聞かれてしました。
それの懸念を取り払うために開発されたのがQスイッチレーザーです。
つまりQスイッチレーザーは、肌に優しく、高い効果が期待できるということになります。

肌へ負担を最小限に抑え、メラニン色素だけを確実に取り除いてくれるQスイッチレーザーは、シミ取りのレーザー治療の中でも注目を集めているので、導入するクリニックも増えています。

その他にも、最近のレーザー治療は、シミ取り以外の効果も期待できるものが増えてきました。

アブレイティブレーザーはシミ取りはもちろんできますが、シワの改善効果もあると言われています。
さらに、表皮や真皮の一部をはぎ取るような感じでレーザーで焼き取るため、1度の治療でも大きな効果が期待できると話題になっています。

ノンアブレイティブ・レーザーは、アブレイティブレーザーよりもシミの改善までに時間はかかりますが、肌を引き締めてくれる効果があり、ダウンタイムが短いという特徴を持っています。

ポラリスは、高周波とレーザーを組み合わせた最新の治療器で、シミ消しだけではなく、肌のハリや弾力を取り戻すサポートをしてくれるという効果が期待できるのです。

サーマクールCTPは、シミ消し効果はもちろんありますが、加齢による皮膚のたるみを改善する効果も兼ね備えています。

シミ取りに有効なレーザー治療は、どんどん進化していて、他の悩みも合わせて改善できるというものが多くなってきました。

レーザー治療は、化粧品やシミ取りクリーム、サプリなどと比べてみると、効果を感じやすいというメリットがあるので、シミの悩みをクリニックで相談する人も増えています。

ピーリング

シミ取りに有効な方法はいくつか考えられます。
自宅で簡単にできるものから、クリニックに通って解決できるものまで様々です。

どの方法もシミを改善する効果が期待できますが、その中でもレーザー治療は断トツで効果を実感できると言われています。

レーザー治療を受けるためにはクリニックで相談をする必要があるので、シミ取りのレーザー治療を受けたいと考えている人は、美容クリニックに相談してみると良いでしょう。

関連記事

  1. 40代 シミを消したい

    40代 シミを消したい!コンシーラーやファンデで隠すだけじゃ…

  2. シミ取り レーザー 費用はどれくらい

    シミ取り レーザーの料金・費用はどれくらい?

  3. シミ取りレーザー

    シミ取りレーザーの種類と効果~習慣づけたいシミ対策まとめ

  4. シミが痒い!顔のシミがかゆいその原因とは?

  5. シミ取り コスメ

    シミ取りはコスメではできない?確実なシミ取りのおすすめ方法と…

  6. シミ取り レーザー 種類

    シミ取りに向いているレーザーの種類とは?ダウンタイムもチェッ…